ステンレスショット究極ガイド:ニーズに合った製品を選ぶ

ステンレス・ショット・サンプル

前回の記事では、スチールショットの定義、用途、モデルについて体系的にお答えした。 スチールショット は優れた工業用研磨材であり、巨大な応用市場を持っている。今日は、もう一つの工業用研磨材であるステンレスショットについて説明します。

ステンレス・ショットについての説明

ステンレス・スチール・ショットの定義

ステンレス・スチール・ショットは、高級ステンレス・スチール・ワイヤーからカットされた通常の粒子である。ステンレスワイヤーカットショットと呼ばれることもあります。

主に銅合金、アルミ合金ダイカスト、ステンレス部品の表面ショットブラスト、サンドブラスト、ショットピーニング処理、ショットピーニング成形、仕上げ、艶消し、修正、塗装除去、腐食除去に使用されます。

絞り、切削、丸めなどの工程を経て精製され、明るく錆びない外観を持つ。丸ビード状(カットショット、円筒状)であり、市販の一般的な鋳鋼ショットよりも耐摩耗性に優れている。

ステンレス・ショット

ステンレスショットの主な仕様と用途 

ステンレス鋼ショットにはさまざまな等級とサイズがあり、さまざまなサンドブラスト装置で使用してさまざまな表面仕上げを実現できます。

サイズスペック

申し込み

極細サイズ

S70 (0.2mm)

ファイン・サーフェス・フィニッシュ

S110 (0.3mm)

ライトクリーニング

 

ファイン~ミディアムサイズ

S170 (0.4mm)

 一般的な洗浄、バリ取り、仕上げ作業

S230 (0.6mm)

塗装前の下地処理

S280 (0.7mm)

アグレッシブ・クリーニング

 

中・粗目

S330 (1.0mm)

重いスケール、錆、ペンキの除去

S390 (1.2mm)

重い塗膜と汚染物質の洗浄

 

粗いサイズ

S460 (1.4mm)

ヘビーデューティ・クリーニングと表面処理

 

S550 (1.7mm)

重いコーティングのための表面処理、または非常に頑固な汚染物質の除去

S660(2.0mm)以上

 高い衝撃性と深い表面処理

 

 

ステンレスショット製造工程

ステンレス鋼ショットは、さまざまなブラストおよびピーニング作業に使用できる、球状で長持ちする研磨材を生み出す厳格な工程を経て製造されます。

完成品のサイズ、硬度、形状が必要条件を満たしていることを保証するために、このプロセスにはいくつかの重要な段階がある。以下は、その製造工程の概要である:

  • 原材料の選択

高級ステンレス鋼スクラップの選定は、その 手続きの第一歩である。製品に強靭さと耐腐食性を与えるクロム、ニッケル、その他の成分を適量含むステンレス鋼片は、通常この金属スクラップを構成する。

  • 溶解

電気アーク炉または誘導炉で、選ばれたステンレス鋼スクラップが溶解されます。溶解工程は綿密に管理されます。

  • 霧化のプロセス

その後、溶融ステンレ ス鋼を微粒化することで、液体金属を小滴に 分割する。これは、不活性ガスまたは水の流れに高圧をかけ、溶融鋼を微細な粒子に分散させてからノズルに通すことで実現されることが多い。ノズルの設計と圧力を変えることで、液滴のサイズと形状を変えることができる。

  • 凝固と冷却

ステンレス鋼の液滴は霧化され、ノズルから出てくるときに冷えて固まり始める。この迅速な冷却手順は、ショットを球状にするために重要である。液滴が冷却室を通過すると、凝固して小さな球状の粒子になります。

  • 検査と格付け

ステンレス・スチール・ショットは、冷却後、サイズに基づいて選別・等級分けされる。通常、回転ふるい機または振動スクリーンを使用して、ショットをいくつかのサイズグループに分けます。製造工程で発生した粉塵や破片を取り除くために、ショットを洗浄することもできる。

  • 熱の応用

ステンレス鋼ショットは、必要な機械的性質と硬 度を得るために熱処理される。これは、ショットの特定の要件に応じて、焼き入れ、焼き戻し、焼きなましを伴う可能性があります。ブラスト用途でのショットの性能と寿命は、熱処理によって向上します。

  • コンディショニング(選択的)

ショットは、鋭利なエッジや異常な部分を取り除くために、特定の用途向けに調整手順を経る場合があります。これは、ショットピーニングの用途では特に重要です。被処理物がショットの粗い表面によって傷つけられてはならないからです。

  • 検査と手配

ステンレス鋼ショットは、製造の最終段階として検査され、すべての品質要件を満たしていることを確認します。これには、真球度、硬度、粒度分布検査が含まれる。承認後、ショットは、通常、袋またはドラムで、クライアントに配信するために梱包されます。

ステンレス・ショット使用の利点

  • 耐久性と寿命:再利用が可能で、機器の摩耗が少ない
  • 優れた洗浄効率:均一な表面仕上げと効果的な汚染物質除去
  • 環境と健康への利点:粉塵排出の低減と無害化
  • 費用対効果:全体的なコスト削減と省エネ
  • 汎用性:幅広い用途と様々なグレードとサイズ
  • 表面処理の向上:塗料の密着性を高め、応力を緩和

ステンレスショットの用途

ステンレスショットは多目的研磨媒体で、表面の洗浄、調整、仕上げのために様々な産業分野で使用されています。その特性から、様々な材料を汚染することなく適用できる。以下はステンレスショットの主な用途の一部である:

表面のクリーニング

  • 錆と酸化の除去:この方法は、金属表面の錆、酸化、腐食を効率的に洗浄する。鋳物の表面から砂、酸化被膜、余分な金属を洗浄によって除去することができる。
  • シャープピーニング 強化応力除去:このプロセスは、製造業、自動車産業、航空宇宙産業において、部品表面に圧縮応力を発生させます。
  • 耐摩耗性の向上:部品の耐摩耗性を高め、長寿命化に貢献。

表面処理

  • コーティングや塗装の前処理:コーティングや塗装、その他の表面処理の密着性を高め、より長い耐用年数と優れた性能を保証するために、きれいで粗い表面形状を作ります。
  • バリ取り:機械加工部品のバリを効果的に除去します。

ショットブラスト洗浄

  • 表面のテクスチャリング:金属表面のテクスチャリングに使用し、美的仕上げを施したり、他の材料との接着のために表面を整える。
  • 溶接部のクリーニング:周囲の材料を傷つけることなく、溶接部を効果的に洗浄し、滑らかにします。

スケール除去

  • 熱処理スケールの除去:熱処理後に特に有効で、酸化被膜を除去し、清浄な表面を確保する。

装飾仕上げ

  • ステンレス鋼、アルミニウム、その他の金属は、美的金属仕上げの助けを借りて、均一、つや消し、または光沢のある仕上げにすることができ、建築や装飾用途に使用されます。

医療機器および食品加工機器

  • 洗浄と精密仕上げ:ステンレス鋼ショットは、医療器具や食品加工機器の洗浄と精密仕上げに最適な素材です。
  • 航空宇宙および自動車産業:この工程では、ギア、タービン、車体部品など、さまざまな部品の洗浄、ショットピーニング、精密仕上げを行い、疲労や環境要因に対する耐性を高める。

ステンレス・ショット選択ガイド

効果を最大化し、費用を最小限に抑えるためには、いくつかの重要な要素を考慮しながら、適切なステンレス・スチール・ショットを選ぶことが重要である。

  • 特定のユースケースによる。
  • 適切なサイズを選ぶ。
  • 適切な仕様を選択する。
  • 適切な形状を選択する。
  • 硬度を決める
  • 費用対効果と耐久性の側面。
  • 信頼できるサプライヤーを選ぶ。 

ステンレスショット製造メーカー

として ステンレス・スチール・ショットの主要サプライヤー当社は、表面処理および仕上げ業界の厳しい要求に対応できる堅牢で長持ちする製品を提供することに喜びを感じています。

長年の経験と技術革新へのコミットメントにより、当社は世界中のお客様に信頼されるサプライヤーとしての評判を確立してきました。

当社のステンレスショットは、最新の機械と製造工程により製造され、均一なサイズ、優れた真球度、安定した硬度を保証します。

このような細部への入念な配慮の結果、金属、合金、複合材料を含むさまざまな材料に対して、優れたクリーニング、ピーニング、仕上げ能力を提供する装置が誕生した。

私たちは、工業プロセスのあらゆる面において、環境への責任と持続可能性に専心しています。ステンレスショットの製造は、無害で、リサイクル可能で、環境に優しいものであり、当社の持続可能性への献身を示しています。 

結論

結論として、このブログでステンレス・スチール・ショットについて考察し、表面処理産業におけるその重要な役割を示した。

その比類ない性能、持続可能性、寿命から、ステンレス鋼ショットは単なる製品ではなく、完璧な表面仕上げを追求する上で不可欠な協力者でもあります。ステンレス・スチール・ショットは、より効率的で持続可能な手順へとこの分野を押し進め、未来における革新と環境責任の代表的な例です。

 

関連ブログ

関連商品

目次

お問い合わせ

24時間無料でご相談を承ります。

限定オファー

弊社製品にご関心をお寄せいただき、ありがとうございます!今すぐメッセージをお寄せください。限定割引やカスタマイズプランなど、より価値の高いサービスをご提供いたします。