白、黒、茶色の溶融アルミナの違い

コランダム

溶融アルミナは、一般的な耐摩耗性耐火材料として産業界で広く使用されている。溶融アルミナは、白色アルミナ、黒色アルミナ、褐色アルミナの3種類に分類される。それぞれ色にちなんで命名されているが、それぞれの違いは何だろう?色だけなのでしょうか?この3種類のアルミナの違いを掘り下げてみましょう。

コランダムの組成

違いだ:

構成:

白色電融アルミナ は主に酸化アルミニウム(Al2O3)でできており、通常99%以上の酸化アルミニウムを含み、少量の酸化鉄、酸化ナトリウム、酸化カリウムを含む。

黒色電融アルミナは95%-98%の酸化アルミニウムと少数の酸化鉄を含み、高温溶融によって形成される。

褐色電融アルミナは通常95%程度の酸化アルミニウムを含むが、酸化鉄やシリコン、チタンなどの不純物を多く含む。
コランダムの組成

色だ:

白色電融アルミナは純白である、 褐色電融アルミナ 黒色溶融アルミナは金属光沢のある黒色である。

硬度:

硬度は電融アルミナの重要な特性である。最も硬いのは白色電融アルミナ、次いで褐色電融アルミナ、最も硬くないのは黒色電融アルミナである。

応用分野:

白色電融アルミナは、主に高品質の研削工具や高温工業炉の耐火物として使用される。

褐色電融アルミナは、研削砥石、サンドペーパー、研磨砥石のほか、耐火れんがや耐火セメントなどの耐火物の製造に使用される。

黒色電融アルミナは、金属部品の表面処理などの重研削や研磨によく使用される。ある種の特殊耐火物では、黒色電融アルミナを添加することで、耐熱衝撃性や機械的強度を高めることができます。

コランダムの用途

溶融アルミナを正しく選ぶには?

溶融アルミナの選択は主に、研削する材料の種類、加工物の硬度、要求される精度、コスト面など、お客様の具体的なニーズによって異なります。以下に、いくつかの指針を示します:

ワークピースの材質と硬さを考慮する:

硬い材料の切断や研削には、硬度と純度が高い白色電融アルミナが適しています。柔らかい材料や高い靭性が必要な用途には、ブラウン電融アルミナが適しています。

研削の精度と表面仕上げを考慮する:

高精度と表面仕上げが必要な場合は、純度が高い白色電融アルミナが適しています。一般的な研削加工には、通常、茶色または黒色の電融アルミナで十分です。

費用対効果を考える:

コスト面では、白色や黒色の電融アルミナに比べ、茶色の電融アルミナの方が一般的に市場では安価である。コストを考慮するならば、茶色電融アルミナの方がコストパフォーマンスが高い。

白色、黒色、茶色の溶融アルミナの違いを理解した上で、お客様のニーズに最適なものをお選びください。すぐにご連絡ください。溶融アルミナ業界のトップメーカーとして、より詳しい情報をご提供いたします。

関連ブログ

関連商品

目次

お問い合わせ

24時間無料でご相談を承ります。

限定オファー

弊社製品にご関心をお寄せいただき、ありがとうございます!今すぐメッセージをお寄せください。限定割引やカスタマイズプランなど、より価値の高いサービスをご提供いたします。