スチールペレットの技術と応用

スチールペレットは、表面処理の分野で広く使用されている材料の一種として、不可欠な地位を占めている。高炭素鋼や低炭素鋼でできた小さな球体で、特殊な加工工程を経て作られる。この小球体の直径は一般に数ミリから数十ミリで、さまざまな産業ニーズに適応するために、さまざまな異なる仕様と硬度レベルがあります。その優れた性能と経済的な利点から、鋼球は鍛造品、鋳造品、鋼構造物の表面の酸化、錆、古い皮膜を除去するのに重要な役割を果たしています。

スチールショット

使用

1. 清掃作業: 主に金属表面の洗浄に使用され、錆、酸化膜などを除去し、その後の処理作業のために清浄な表面を準備する。その用途は非常に広く、造船、自動車製造、鋼構造物建設などの業界に及ぶ。

2. 強化治療:スチールペレットは、金属表面のスプレー強化処理にも適用され、ワークピースの耐クラック性と耐食性を大幅に向上させることができる。

3. 錆び落とし:航空宇宙分野など、極めて高い清浄度が要求される業界では、スチールショット洗浄がワーク表面の錆を除去する有効な手段となっている。

錆び落とし

4.サンドブラスト:鋼球はサンドブラスト材料として様々な材料の正確で詳細な表面処理に使用できます。

特殊性

1. 高効率: スチールショットのクリーニング効率は高く、短時間で広範囲のクリーニング作業を完了することができます。

2. 幅広い用途:硬い金属でも柔らかい金属でも、スチールボールは効率的な洗浄が可能です。

3. 経済と環境保護: 鋼球を再利用することで、材料消費と処理コストを削減し、環境汚染を低減することができる。

4. サーフェス性能を向上させる: スチールペレットで表面処理された金属は、耐用年数と耐食性が大幅に向上する。

生産と加工

加工技術

スチールペレットの製造は通常、溶鋼製錬、原料切断、加熱処理、精製処理、選別、包装などの一連の工程を経て完成します。加工工程では、さまざまな用途のニーズを満たすために、鋼ペレットの硬度、サイズ、形状が厳密に制御されます。高品質のスチールペレットは、使用中の効果と効率を確保するために、良好な真球度と均一なサイズを持っている必要があります。

結論

工業生産と技術の進歩の継続的な発展に伴い、効率的かつ経済的な表面処理材料として、スチールペレットは、その適用範囲がさらに拡大されます。それは、製品の全体的な品質を向上させるだけでなく、製品の寿命を延ばすことができるだけでなく、現代の製造業に不可欠な材料である。Yafeiteは、スチールペレットやその他の金属研磨材の生産に焦点を当てた会社として、「顧客サービスは私たちの義務である」という価値観を堅持し、お客様のための適切な製品ソリューションを見つけることができます。

関連ブログ

関連商品

目次

お問い合わせ

24時間無料でご相談を承ります。

限定オファー

弊社製品にご関心をお寄せいただき、ありがとうございます!今すぐメッセージをお寄せください。限定割引やカスタマイズプランなど、より価値の高いサービスをご提供いたします。