スチールショットブラスト:包括的ガイド

スチールショット

スチールショット ブラストは、その効率性、表面処理における効果、最終製品にもたらす品質向上により、製造および保守に不可欠なプロセスです。本日は、スチールショットブラストの定義、用途、産業における重要性を学びます。

1.スチールショットブラストとは何ですか?

1.1 スチールショットブラストの定義

スチールショットブラストは、金属表面の錆、スケール、その他の汚れを除去するために使用される研磨ブラスト工程です。このプロセスで使用される研掃材はスチールショットで、鋼鉄製の小さくて丸い粒子です。

1.2 スチール・ショットとステンレス・ショット

ブラスト工程では、スチールショットとステンレス鋼ショットという2種類の金属研磨媒体が一般的に使用されます。それぞれに明確な特性があり、特定の用途に適しています。以下は、スチールショットとステンレスショットの比較です。

スチールショット

ステンレス・ショット

炭素鋼製。

ステンレススチール製(クロム、ニッケルなどを含む)。

一般に硬く、水分の多い環境では錆びやすい。

より耐食性が高い、

通常のスチールショットよりやや硬度が低い。

一般的なブラスト、錆除去、表面処理、ショットピーニングに使用。

鉄汚染を避けなければならない場合に最適;

ステンレス鋼加工品に使用される。

コスト効率が高く、さまざまなサイズとグレードがある。

もっと高い、

あまり一般的ではない。

鉄の痕跡が残り、錆の原因となることがある。

鉄汚染を引き起こしにくい;

リサイクル可能だが、消耗は早いかもしれない。

積極的な洗浄で、粗い表面形状に適している。

よりきれいな仕上がりで、錆を発生させるリスクが少ない;

非鉄金属をより滑らかに仕上げる。

2.ブラスト用スチールショットの種類

2.1 スチールショットの種類と用途

特定の用途に応じて、ブラスト用スチールショットにはさまざまなタイプがあり、サイズ、硬度、形状が異なります。ブラストに使用されるスチールショットの主な種類は、これらの特性によって分類されます:

S280-スチール・ショット

サイズに基づく:

小型スチールショット(S70、S110など):

薄い金属面やデリケートな金属面のクリーニングに最適。

表面の仕上げと平滑化に使用し、均一で研磨された外観を作る。

ミディアム・スチールショット(S230、S280など):

一般的なブラスト作業によく使用される。

塗装面の洗浄と下地処理、中程度の錆と塗料の除去に適している。

大型スチールショット(S460、S550、S780など):

強力なブラスト作業に効果的。

厚く頑丈な金属表面の重いサビ、スケール、古いコーティングの除去に使用。

硬度に基づく:

汎用(GP)スチールショット:

標準的な硬度で、さまざまなブラスト・ニーズに対応。

スケール除去と表面処理によく使用される。

ハード(H)スチールショット:

硬度が高く、GPよりも攻撃的。

重いスケールの除去など、より困難な作業に適している。

エクストラハード(EH)スチールショット:

非常に硬度が高く、最も要求の厳しい用途に使用される。

コーティングの密着性を高めるために、表面をエッチングし、粗いプロファイルを作成するのに最適。

2.2 ブラスト用スチールショットの適切な種類の選択方法

サンドブラスト対象物評価:

サンドブラストする材料の硬度を評価します。表面の損傷を避けるために、柔らかい金属はサンドブラストするスチールショットをより柔らかく、より小さくする必要があります。また、より硬い金属は、より大きく硬いスチールショットに耐えることができます。精密またはデリケートな部品には、より小さく研磨性の低いスチールショットを選択します。

必要な表面処理効果:

必要な表面処理の種類を決定する。より滑らかな表面には通常、より小さなスチールショットが必要ですが、より粗い表面にはより大きなスチールショットを使用することができます。発射体の排出のような作業では、通常、均一なサイズのスチールショットを使用するのが理想的です。

スチールショットのサイズ:

大きなスチールショットは表面への衝撃が大きく、重いコーティングの除去に適しています。小型のスチールショットは、より細かい加工が可能で、薄い素材の細かい作業に適しています。

除去すべき汚染物質の種類:

ひどいサビやウロコを除去するには、より大きく硬いスチールショットが必要になる場合がある。

マイルドな洗浄や塗装の剥離には、中型または小型のスチール・ショットで十分効果がある。

スチールショットの硬度:

硬いスチールショットは攻撃性が高く、頑丈なコーティングを効果的に除去するが、装置の摩耗や損傷を引き起こす可能性がある。柔らかいスチールショットは攻撃性が低く、より細かい加工に適しており、機械に優しい。

3.スチールショットブラストの利点

効率的な表面洗浄:

スチールショットブラストは、錆、酸化スケール、古い塗料の除去に非常に効果的で、その後の塗装またはコーティング工程にきれいな表面を提供します。

手作業による洗浄方法と比べて、より速く、より徹底的に表面を洗浄することができる。

均一な表面仕上げ:

一貫性のある均一な表面仕上げを行うことは、塗膜の密着性と全体的な外観にとって非常に重要です。

スチールショットは球状であるため、表面全体が均一に処理される。

機械的性能の向上:

このプロセスは、表面に圧縮応力を発生させることができ、疲労強度と応力腐食割れに対する耐性を向上させるのに役立ち、特に金属ショットピーニングの用途に有益です。

粉塵の発生を最小限に抑える:

サンドブラストや他の研削方法と比べて、粉塵の発生が少なく、作業中の視認性が向上し、洗浄時間が短縮される。

4.スチールショットブラストの用途

ショットブラストは、表面洗浄、前処理、精密機械加工に有効であるため、さまざまな産業で普遍的に広く使用されているプロセスです。主な応用分野をいくつかご紹介します:

表面処理

自動車産業:

シャーシ、ギア、パネルなどの金属部品の塗装前の洗浄と下地処理に使用。レストアや修理の際に、自動車部品のサビや酸化、古い塗装を落とすのに効果的。

造船と海洋産業

船体、甲板、その他の船舶部品の塗装前、塗装前の洗浄と下地処理に不可欠。フジツボや錆の除去に役立ち、継続的なメンテナンスと修理作業のためのきれいな表面を提供します。

航空宇宙産業:

航空機部品の表面処理に使用され、ショットブラスト技術によって塗装の最適な密着性を確保し、耐疲労性を高める。

建設とインフラストラクチャー

橋梁、建築物、その他のインフラストラクチャー・プロジェクトで、塗装やコーティングの前に、構造用鋼材の洗浄と下地処理に使用。コンクリート表面のテクスチャリング、新しいコンクリートやコーティングの接着性向上など、コンクリートの下地処理に有効。

クリーニングと研磨

金属加工業:

鋳物工場で、鋳物の洗浄、砂やスケールの除去に使用される。金属製造工程の表面処理、特に溶接や塗装の前処理に重要な役割を果たす。

鉄道業界:

機関車や鉄道部品の洗浄とメンテナンスに不可欠。改修や製造手順の一環として、塗装やコーティングのための表面処理を行う。

5.スチールショットサプライヤー

Yafeiteグループはスチールショット、スチールグリット、ステンレスショット、スチールカットワイヤーショットを含む金属研磨材のトップメーカーです。米国Ervin社から先進的な試験設備(Ervin疲労試験機)を導入し、金属砥粒の技術指標、機械特性、疲労寿命を試験することができる。

私たちのサービスや製品に関する情報が必要な場合は、お問い合わせください。

Eメール info@sdgangtie.com

電話 +8618654501991

関連ブログ

関連商品

目次

お問い合わせ

24時間無料でご相談を承ります。

限定オファー

弊社製品にご関心をお寄せいただき、ありがとうございます!今すぐメッセージをお寄せください。限定割引やカスタマイズプランなど、より価値の高いサービスをご提供いたします。