冶金用炭化ケイ素

炭化ケイ素の冶金的応用

冶金産業では 黒色炭化ケイ素 は鉄鋼の生産に使用される。溶融金属に添加することで、その特性を高め、最終製品の品質を向上させることができる。

ダイヤモンドに次ぐ硬度を持つため、耐摩耗性に優れ、耐摩耗パイプ、インペラ、ポンプ室、サイクロン、鉱業ホッパーのライニングに理想的な素材です。その耐摩耗性は、鋳鉄やゴムの5倍以上の耐用年数を誇り、航空機の滑走路にも理想的な素材のひとつです。

炭化ケイ素の冶金的応用

お問い合わせ

24時間無料でご相談を承ります。

炭化ケイ素の冶金用途

脱酸 合金

脱酸剤として溶鋼を加えると、溶鋼の品質が向上する。

炉外精錬用脱酸素剤

製鋼用脱酸剤、鋳鉄組織改良剤として使用できる。

製鋼用昇温剤

製鋼工程では、炭素温度が調整できない場合、シックを添加することで溶鋼の温度を上げることができる。

非鉄金属製錬

耐高温性、高強度、良好な熱伝導性および耐衝撃性により、非鉄金属製錬によく使用される。

鉄鋼生産

炭化ケイ素は転炉製鋼において、溶鋼を脱酸するフェロシリコンの一部を置き換えるために使用できる。

加熱材料

耐熱性が高く、熱伝導率が良いため、熱電対保護管などの高温間接加熱材料として使用できる。

関連商品

限定オファー

弊社製品にご関心をお寄せいただき、ありがとうございます!今すぐメッセージをお寄せください。限定割引やカスタマイズプランなど、より価値の高いサービスをご提供いたします。