炭化ケイ素の熱伝導率の紹介

1.炭化ケイ素に関する簡単なレビュー

炭化ケイ素、 化学式SICで表され、高い熱伝導率を持つ耐高温材料である。 

石英砂、石油コークス(または石炭コークス)、木材チップなどの原料を高温の抵抗炉で製錬して作られる。

30グリット・ブラック炭化ケイ素

2.熱伝導率とは?

熱伝導率、 一般にkという記号で表記される物理的特性で、物質の熱伝導能力を数値化したものである。 

熱伝導率とは、温度勾配下で物質が熱を伝導する能力、つまり物質内の熱が空間内でどのように移動するかを表す。熱伝導率の単位は通常、ワット毎メートル毎ケルビン(W/(m - K))である。

3.熱伝導率の高い材料の紹介

自然界には、熱伝導率が非常に高い物質が数多く存在する。これらの材料を見てみよう。

順位

素材

熱伝導率 (W/m-K)

1

ダイヤモンド

2000 – 2200

2

シルバー

429

3

398

4

ゴールド

315

5

窒化アルミニウム

310

6

炭化ケイ素

270

7

アルミニウム

247

8

タングステン

173

9

グラファイト

168

10

亜鉛

116

4.炭化ケイ素熱伝導率の紹介

炭化ケイ素の熱伝導率は通常270W/(m・K)程度である。このため、高温環境での熱伝導性に優れ、多くの高性能用途に適している。

炭化ケイ素には4H SiCや6H SiCなど複数の多形があり、多形の違いによる構造の違いが熱伝導率の変化につながる可能性がある。

5.炭化ケイ素の熱伝導率に影響を与える主な要因

一般に、特定の温度範囲内では、温度が高いほど炭化ケイ素の熱伝導率は高くなる。

結晶構造:

熱伝導率は、炭化ケイ素の異なる結晶形態、4H SiCと6H SiCのように、異なる結晶構造によって変化する。

純粋さ:

純度が高いほど熱伝導率が高くなり、これも熱伝導性能に影響を与える主な要因の一つである。

プレッシャーだ:

圧力は物質の結晶構造を変化させ、熱伝導率に影響を与える。高圧条件下では、炭化ケイ素の熱伝導率が変化する可能性がある。

材料の密度:

炭化ケイ素の密度は、原子間の距離に影響するため、熱伝導率に影響する。

素材の微細構造:

粒径や粒界などの微細構造要因も、熱伝導率に影響を与える可能性がある。

6.炭化ケイ素の熱伝導率の応用

エレクトロニクス分野での応用:

炭化ケイ素はその高い熱伝導性と優れた電子特性により、エレクトロニクス分野、特にパワーデバイスに広く使用されている。

熱管理:

炭化ケイ素はその優れた熱伝導性から、ラジエーターやサーマルパッドなどの熱管理用途によく使用される。

半導体産業:

半導体産業では通常、炭化ケイ素の熱伝導率を利用して半導体デバイスの性能を向上させている。

太陽光発電アプリケーション:

太陽電池業界では、炭化ケイ素の熱伝導率が熱を放散し、太陽電池の効率を向上させるのに役立っている。

7.炭化ケイ素 供給者

技術と市場の需要の発展に伴い、炭化ケイ素の熱伝導率は幅広い市場の見通しを持っています。19年の歴史を持つ炭化ケイ素製品のサプライヤーとして、 ヤフェイト は、高品質、低不純物、カスタマイズ可能性、完全なサービスの利点を持つ炭化ケイ素製品を提供しており、国際市場と国内市場の両方で強力な競争力を持っています。

製品・サービスに関するご質問は、お気軽にお問い合わせください。

Eメール info@sdgangtie.com

電話番号+8618654501991

関連ブログ

関連商品

目次

お問い合わせ

24時間無料でご相談を承ります。

限定オファー

弊社製品にご関心をお寄せいただき、ありがとうございます!今すぐメッセージをお寄せください。限定割引やカスタマイズプランなど、より価値の高いサービスをご提供いたします。