炭化ケイ素ボールの紹介

炭化ケイ素ボール

 

これまでの多くの記事で、炭化ケイ素の可塑性と多機能用途について述べてきた。炭化ケイ素は工業分野においても重要な応用形態を持っている。今日は、炭化ケイ素ボールの性質と用途を探ってみよう。

炭化ケイ素ボールの紹介

炭化ケイ素(SiC)が炭素とケイ素元素の高温反応によって生成される無機物質であることは周知の通りである。非常に高い硬度、融点、化学的安定性、耐食性を持っています。炭化ケイ素ボールは、炭化ケイ素粉末または炭化ケイ素粒子からプレスされた複合材料である。したがって、炭化ケイ素ボールの主成分は炭化ケイ素である。

炭化ケイ素ボール

炭化ケイ素ボールの特徴

炭素元素とケイ素元素の熱的結合によって形成されるセラミック材料である炭化ケイ素ボールは、主に次のような特徴を持っています:

 

身体的特徴

結晶構造

炭化ケイ素ボールの結晶構造は六方晶である。

 

高い硬度

炭化ケイ素ボールの硬度は、従来の金属材料の5倍以上。

 高融点

 融点は約2780℃に達し、高温環境にも耐える。

耐食性

炭化ケイ素の球はよい酸およびアルカリの抵抗があり、強い酸およびアルカリの環境で長い間安定した作動をすることができる

 

 化学的特性

高い化学的安定性

 ほとんどの酸、アルカリ、溶剤に対して一定の耐性がある。

高い抗酸化能力

 良好な耐酸化性により、長期的な性能の安定性が保証される。

炭化ケイ素ボールの主な用途

炭化ケイ素ボールは、高硬度、耐摩耗性、耐食性、耐高温性など、炭化ケイ素の多くの優れた特性を受け継いでいます。そのため、炭化ケイ素ボールは多くの産業分野で広く使用されています。

炭化ケイ素ボールは高温炉の主要材料の一つである。高温炉の炉壁、炉底、炉内張りなどに使用され、高温環境下での腐食や熱衝撃に耐える。

炭化ケイ素ボール

半導体製造において、炭化ケイ素ボールは、その優れた熱伝導性と電気絶縁性から、多結晶シリコン粒の製造に広く使用されている。

炭化ケイ素ボールは、化学や石油産業における高温反応器やパイプラインの製造にも使用されており、高温や強い腐食などの過酷な環境にも耐えることができる。

製鋼業界では、炭化ケイ素ボールは、より高価な従来の脱酸剤であるフェロシリコン粉末や合金粉末に代わる新しいタイプの複合脱酸剤です。脱酸速度が速い、スラグ形成が早い、還元雰囲気が強い、泡立ちが良いなどの利点があります。元素の吸収率を効果的に向上させることができ、炭素増強効果もあり、製鋼コストを削減することができる。そのため、製鋼業界で特に人気がある。

一般的に、炭化ケイ素ボールは優れた物理的、化学的特性を持つ材料であり、多くの産業分野で広く使用されています。

各種仕様の炭化ケイ素の販売

金属および非金属研磨材の専門企業として、 ヤフェイト は19年の歴史を持つ。研磨業界に焦点を当て、包括的な研磨製品とソリューションを提供しています。当社の研磨材製品は、様々な用途や業界のニーズに対応しています。

お客様の具体的なニーズに対して、最高の結果と費用対効果を保証するために、カスタマイズされた研磨製品とソリューションを提供します。高品質で信頼性の高い炭化ケイ素研磨材をお探しなら、ぜひ弊社にご相談ください。 お問い合わせ 今、新たな上達の旅を体験しよう。 

関連ブログ

関連商品

目次

お問い合わせ

24時間無料でご相談を承ります。

限定オファー

弊社製品にご関心をお寄せいただき、ありがとうございます!今すぐメッセージをお寄せください。限定割引やカスタマイズプランなど、より価値の高いサービスをご提供いたします。