スチールショットのサイズに関する総合ガイダンス

スチールショットペレット

1.スチールショットの概要

1.1 スチールショットの基本定義と特性

スチールショット は、鋼でできた球状のペレットで構成されている。溶かした鉄をアトマイズ(小さな液滴にすること)し、球状に固めることで製造される。この粒子の大きさは、使用目的によって異なる。

スチールショットサイズ

素材構成

高炭素鋼、低炭素鋼、ステンレス鋼。素材の選択は、ショットの硬度と耐久性に影響する。

硬度:

スチールショットの硬度は、処理される表面への影響を決定する重要な特性です。通常、ロックウェル硬度スケールまたはビッカース硬度スケールを使用して測定されます。高炭素スチールショットはより硬く、より積極的な作業に使用される傾向があり、低炭素スチールショットは柔らかく、より少ない摩耗が必要な場合に使用されます。

サイズと形:

スチールショットは、均一な洗浄またはピーニング作用を促進する球状の形状が特徴です。スチールショットのサイズは、用途に応じて選択されます。大きいサイズはより攻撃的で、重いスケールのクリーニングに使用され、小さいサイズはより細かい作業に使用されます。

密度と重量:

スチールショットは密度が高く重いため、表面に衝撃を与え、洗浄する効果がある。

耐久性がある:

他の多くの研磨材よりも耐久性に優れているため、ブラスト作業で繰り返しリサイクルして使用することができます。

汎用性がある:

洗浄、スケール除去、表面仕上げなど、さまざまな表面処理作業に適している。

効率が良い:

スチールショットはその特性により、ブラスト時間を短縮し、所望の表面形状を達成する上で非常に効率的です。

1.2 スチールショット用途におけるサイズ選択の意義

  • 表面仕上げの品質 洗浄効率
  • 素材への影響
  • カバレッジとスピード
  • 運営コスト
  • 機材に関する考察
  • 安全性と環境への影響

2.スチールショットサイズの多様性

2.1 スチールショットのサイズ

スチールショットは、さまざまなサイズのサンドブラストおよびショットピーニング工程で一般的に使用されます。スチールショットのサイズは、ブラスト工程の攻撃性と影響を決定する重要な要因です。以下は、一般的なスチールショットのサイズの概要です:

スチールショット

極小サイズ(ファイングレード):

S70:直径約0.2mm。繊細な仕上げが必要な作業に最適。

S110:直径約0.3mm。軽度の洗浄や精密ピーニングに使用。

スモールサイズ(ミディアム・ファイングレード):

S170:直径0.4mmに近い。軽~中程度の洗浄と表面処理に適しています。

S230:直径約0.6mm。繊細な表面仕上げと洗浄効率のバランスに優れています。

ミディアムサイズ:

スチールショット-280

S280:直径0.7 mm前後。一般的なブラスト、ピーニング用。

S330:直径約0.8mm。様々な中型用途に万能。

大型(中粗目):

S390:直径約1.0mm。より強力な洗浄と表面処理に最適。

S460:直径約1.2mm。堅牢な洗浄作業に使用。

超大型(粗目):

S550:直径1.4mm。ヘビーデューティクリーニングとアグレッシブな表面処理に適しています。

S660:直径約1.7mm。重工業用途によく使用される。

スチールショット-780

S780:直径約2.0mm。重いスケールの除去など、非常にアグレッシブな洗浄作業に最適。

特殊サイズ:

また、特殊な仕様を必要とする特定の用途や業界向けの特殊サイズもある。

2.2 サイズ分類と業界標準

 スタンダード

説明

 SAE

自動車技術会規格

 国際標準化機構

国際標準化機構

 AMS

航空宇宙材料仕様

 エーエフエス

アメリカ鋳造協会

3.規模が業績に与える影響

3.1 サイズの違いによる洗浄、ピーニング、仕上げ工程への影響

スチールショットのサイズは、洗浄、ショットピーニング、精密機械加工などの様々な工程における効果を決定する上で重要な役割を果たします。各アプリケーションには、所望の効果を達成するためのショットのサイズに関する特定の要件があります。

洗浄工程におけるスチールショットサイズ

効果的な表面クリーニングのためには、適切なサイズのスチールショットを選択することが非常に重要です。例えば、精密な洗浄には、より小さなサイズのショットピーニングを使用する必要がありますが、より硬い層やひどい錆には、より大きなサイズのショットピーニングが必要です。また、スチールボールのサイズが異なると、洗浄速度と表面形状への影響も異なります。

スチールショットピーニングプロセス

ピーニング工程におけるスチールショットサイズ

ショットのサイズは、被覆率に直接影響します。ショット・サイズが大きいと、1単位あたりの面積は広くなりますが、小さい領域や入り組んだ領域では均一なピーニングができないことがあります。ショット・サイズが小さいと、単位あたりの面積は小さくなりますが、特に細かい部分において、より均一なカバレッジを達成することができます。

仕上げ工程におけるスチールショットサイズ

スチールショットは、スチールビーズを材料の表面に高速で噴射するショットブラストでよく使用される。

スチールショットの大きさは、照射範囲とブラストの強さに影響します。大きいショットはより広い範囲をカバーしますが、デリケートな部品には強すぎる場合があります。一方、小さいショットはより細かい仕上げができますが、同じ範囲をカバーするのに時間がかかります。

3.2 サイズ選択の影響を示すケーススタディまたは事例

自動車産業 - バリ取りプロセス

自動車産業 - バリ取りプロセス

さまざまなサイズのショットをテストした結果、このメーカーはバリ取り工程用に小型のスチールショットを選んだ。

小さなショットサイズは、ギアの構造的完全性に影響を与えることなく、バリを穏やかに取り除くのに効果的だった。

小さめのショットは、ギヤの歯と歯の間の入り組んだ部分までしっかりとカバーすることができた。

軍艦における地上準備の重要性を理解する

造船業界 - 塗装のための表面処理

同社はブラスト処理に中型から大型のスチールショットを選択した。

大きめのショットは、大きなパネルから錆や古い塗膜を素早く取り除くのに効果的だった。

また、鋼鉄の表面には適度な粗さがあり、塗料の接着に理想的だった。

4.スチールショットサイズを特定の用途に適合させるためのヒント

重要なのは、材料、要求される表面処理効果、要求される精度、部品の幾何学的形状、コーティングや塗装などの後工程を慎重に検討することです。スチールショットのサイズをこれらの要素に合わせることで、表面処理工程で最も効果的かつ効率的な結果を得ることができます。

5.スチールショットの品質評価方法

スチールショットの品質を評価することは、効果的かつ効率的な表面処理工程を確保するために極めて重要である。ここでは、スチールショットの品質を評価するための主な要因を示します:

素材構成と一貫性

スチール・ショットが正しい化学組成を持つ高品質の鋼鉄から作られていることを確認する。

硬度

スチールショットの硬度を測定する。

サイズと形状

ふるいを使って、スチールショットの粒度分布が規定の範囲内であることを確認する。

耐久性と寿命

管理された環境で寿命試験を行い、スチールショットの耐久性を評価する。

6.結論

要約すると、スチールショットサイズの選択は、様々な産業における幅広い表面処理プロセスにおいて重要な役割を果たしている。Yafeiteグループはスチールショット、スチールグリット、ステンレスショット、スチールカットワイヤーショットを含む金属研磨材のトップメーカーです。高品質なスチールショットをお探しでしたら、ぜひ弊社にご連絡ください。

私たちのサービスや製品に関する情報が必要な場合は、お問い合わせください。 

Eメール:info@sdgangtie.com

電話番号+8618654501991

関連ブログ

関連商品

目次

お問い合わせ

24時間無料でご相談を承ります。

限定オファー

弊社製品にご関心をお寄せいただき、ありがとうございます!今すぐメッセージをお寄せください。限定割引やカスタマイズプランなど、より価値の高いサービスをご提供いたします。