99% 含有 緑色炭化ケイ素 W7 粒度

一般的なグリーン炭化ケイ素マイクロパウダーサイズ

緑色炭化ケイ素研磨材は人工コランダムの一種で、緑色を呈し、鋭く脆い特徴がある。主に石油コークスと高品質のシリカを主原料とし、添加物として食卓塩を加えて製造される。合成には抵抗炉での高温製錬が用いられる。

炭化ケイ素は、粒子の大きさによって次のように分類される。 グリーン炭化ケイ素砥粒 そして マイクロパウダー.様々な形状が様々な分野で応用されている。この記事では、主に研磨分野でのグリーン炭化ケイ素マイクロパウダーの幅広い用途を探ります。

炭化ケイ素微粉末製造における一般的な粒子径:

中国一流の炭化ケイ素メーカーとして、弊社の炭化ケイ素研磨材はW、JIS、FEPA規格に準拠しています。以下はグリーン炭化ケイ素微粉末の各製造標準に対応する粒度仕様です:

グリーン炭化ケイ素パウダー

W(標準)

W63 W50 W40 W28 W20 W14 W10 W7 W5 W3.5 W2.5 W1.5

JIS(規格)

#240 #280 #320 #360 #400# #500 #600 #700 #800 #1000 #1200 #1500 #2000 #2500#3000 #4000 #6000 #8000 #10000

FEPA(規格)

F230 F240 F280 F320 F360 F400 F500 F600 F800 F1000 F1200 F1500 F2000

グリーン・シリコン・カーバイドの研磨と微粉砕には、どの砥粒サイズを選ぶべきですか?

グリーン炭化ケイ素マイクロパウダーを研磨や微粉砕に使用する場合は、以下のものを使用することをお勧めします。 99%含有グリーン炭化ケイ素マイクロパウダーW7またはJIS#2500グレード。 グリーンカーバイド微粉末W7(またはJIS#2500グレード)の特徴は以下の通りです:

粒子の形状: 研磨効果と研削効率の向上に貢献する角ばった粒子。

色だ: 緑色で、特徴的な外観をしている。

硬度: ビッカース硬度2600kgf/mm2、モース硬度9.4以上、ヌープ硬度3100~3400kg/mm2と高い硬度を示す。このため、硬い材料の研磨や研削に適している。

融点: 高い融点を持ち、グリーン炭化ケイ素マイクロパウダーW7の融点は2600℃で、高温環境での使用に適した耐熱性を示す。

熱伝導率: 210btu/hr/ft2/in/°F(400°F時)、100btu/hr/ft2/in/°F(1600°F時)の熱伝導率を示す。

密度が高い: 比重が3.2g/cm3と比較的密度が高く、粉砕工程における粒子の安定性に寄与する。

熱伝導率: 熱伝導率は0.013cal/cm2/sec(900℃)と中程度。

熱膨張係数: 0~1600℃の温度範囲では、熱膨張係数は7~9×10-6/℃であり、低熱膨張性能を示している。

純粋さ: 高純度であり、炭化ケイ素製造の99%含有基準を満たし、用途において安定した性能を保証する。

粒度分布(JIS#2500):

D10(μm):3.896

D50(μm):6.573

D90(μm):10.847

D(3,2)(μm):4.947

D(4,3)(μm):7.027

グリーン・シリコン・カーバイドは、研磨と精密研削に使用される。

99%含有グリーン炭化ケイ素微粉末W7の物理的特性

物理的性質

数値

ヌープ硬度

2600kgf/mm²

ビッカース硬度

3100-3400kg/mm²

モース硬度

9.4分

融点

2600℃(高温で解離)

熱伝導率

210btu/hr/ft²・in/°F(400°F)

 

100 btu/hr/ft²/in/°F(1600°F)

割合

3.2 g/cm³

熱伝導率

0.013cal/cm²・sec(900°C)

熱膨張係数

7-9 x10-⁶/℃(0~1600)

粒子形状

角粒子

カラー

グリーン

99%含有グリーン炭化ケイ素マイクロパウダーW7の化学仕様:

化学指標

MicropowderJIS240-JIS600

700-JIS2000

JIS2500-JIS4000

JIS6000-JIS10000

SiC

≥99.0%以上

≥98.5%

≥98.2%以上

≥98.0%

SiO₂

≤0.20%

≤0.20%

≤0.30%

≤0.30%

F、Si

≤0.20%

≤0.20%

≤0.20%

≤0.50%

Fe₂O₃

≤0.40%

≤0.40%

≤0.50%

≤0.80%

F.C

≤0.1%

≤0.1%

≤0.3%

≤0.3%

99%含有グリーン炭化ケイ素微粉末W7の具体的用途

レンズ研磨: カメラレンズのような硬質光学ガラスを精密研磨し、高品質な表面平滑性を確保。

ハードメタル工具処理: チタン合金や硬質合金などの硬質金属CNB工具のサンドブラストとエッジ加工を行い、工具表面の品質と耐摩耗性を向上。

石英ガラス研磨: 石英ガラスを研削・研磨し、高精度と高い透明度を確保する。

これらの用途は、99%含有グリーン炭化ケイ素マイクロパウダーW7が高精度・高硬度材料の研磨・研削において優れた性能を発揮することを十分に示しています。その優れた物理的・化学的特性により、工業分野における多くの高度な製造工程に理想的な選択肢となります。

炭化ケイ素と研磨材製造における18年の専門知識を持つヤフェイトは、お客様のニーズにより適したソリューションを提供します。より詳しい製品知識については、こちらをクリックしてください。

よくあるご質問

99%含有グリーン炭化ケイ素W7の粒度規格は?

グリーン炭化ケイ素マイクロパウダーW7は、W規格、JIS規格、FEPA規格に適合しています。具体的な粒度は、W63、W50、W40、W28、W20、W14、W10、W7、およびJIS #240~JIS#2000、FEPA F230~F2000です。

グリーン炭化ケイ素マイクロパウダーW7は、どのような研磨・研削シーンに適していますか?

特にレンズ研磨、硬質金属工具処理、石英ガラス研磨には99%含有グリーン炭化ケイ素マイクロパウダーW7またはJIS #2500の使用を推奨します。高精度、高硬度材の研磨、研削に抜群の性能を発揮します。

なぜ研磨と微粉砕に炭化ケイ素微粉末W7を選ぶのか?

グリーン炭化ケイ素マイクロパウダーW7は、シャープなエッジの粒子、高硬度、高融点、良好な熱伝導性、安定した密度を持っています。硬い材料の研磨や研削に適しており、高品質の表面平滑性を確保します。

99%含有炭化ケイ素微粉末W7の物理的・化学的特性は?

W7の物理的特性は、ヌープレックス硬度2600kgf/mm²、ビッカース硬度3100-3400kg/mm²、融点2600℃など。化学的指標は、SiC含有量≥99.0%、SiO₂ ≤0.20%、F、Si ≤0.20%など。

グリーンカーバイド微粉末W7の研磨分野での具体的な用途は?

 W7は、レンズ研磨、硬質金属工具処理、石英ガラス研磨に広く使用されています。これらの分野で優れており、ハイエンドの製造工程に理想的な選択肢を提供します。

関連ブログ

関連商品

目次

お問い合わせ

24時間無料でご相談を承ります。

限定オファー

弊社製品にご関心をお寄せいただき、ありがとうございます!今すぐメッセージをお寄せください。限定割引やカスタマイズプランなど、より価値の高いサービスをご提供いたします。