サンドブラスト用炭化ケイ素グリット

スポット溶接-スラグ-錆除去

炭化ケイ素は最高級の研磨材として認められており、その用途は研磨剤だけではありません。 研磨剤 そして 耐火物 炭化ケイ素グリットは、サンドブラスト用原料として産業界で使用されていますが、錆の除去にも使用されています。この記事では、サンドブラスト用炭化ケイ素グリットの用途について掘り下げます。

サンドブラストによる錆除去プロセスとは?

サンドブラストによる錆除去は、金属表面の腐食、汚れ、コーティングを除去するために使用される一般的な表面処理プロセスです。この技術では、砂やその他の研磨粒子を高速で投射して金属表面を摩擦・衝撃的に洗浄し、洗浄と下地処理効果を実現します。

射出材料の選択

前述のサンドブラスト工程では、錆を除去するために研磨粒子を高速投射します。通常、市場の約80%は炭化ケイ素グリットをブラスト材料として選択しています。この選択の理由は次のとおりです:

硬度と耐摩耗性: 炭化ケイ素は、高い硬度と強い耐摩耗性で知られる材料です。サンドブラスト作業では、炭化ケイ素粒子が金属表面の錆、コーティング、汚れを効果的に除去し、洗浄効果を高めます。この錆除去効率の向上は、作業効率の向上とコスト削減につながります。

化学的安定性: 炭化ケイ素は化学的腐食に対して強い耐性を示す。炭化ケイ素の結晶構造には、ケイ素原子と炭素原子が含まれ、それらの間に非常に頑丈な共有結合を形成している。この強固な化学結合により、炭化ケイ素の分子構造は非常に安定し、化学反応を起こしにくくなります。この利点は、腐食しやすい金属の表面処理に特に有効です。

炭化ケイ素-共有結合-化学式

再生可能性: 炭化ケイ素は天然に存在する鉱物材料で、比較的豊富にある。再生可能性という点では、人工的に合成された研磨材と比較して利点がある。

費用対効果: 炭化ケイ素砥粒は、他の高性能砥粒材料と比較して、比較的費用対効果が高い。企業の生産コストを効果的に削減し、全体的な収益性を高めることができます。

炭化ケイ素グリットの選択:

炭化ケイ素砥粒 は通常、2つの主要なタイプに分類される:Fグレード(Fサンド)とPグレード(Pサンド)です。サンドブラストによる錆の除去では、一般的にFグレードの砂が好まれます。Fグレードの砂はPグレードよりも柔らかく、一般的に価格が安いため、表面処理、錆び落とし、洗浄などの作業に適しています。

炭化ケイ素Fグレード砂の推奨粒度です:

粗目のFサンド: 厚い酸化層、溶接スラグ、および同様の汚染物質の除去をターゲットとした、高負荷の錆除去や洗浄作業に適しています。一般的な粗目の大きさは以下の範囲です。 F24からF36まで。

中目のFサンド: 一般的な表面処理や錆取り作業に適しており、比較的滑らかな表面仕上げが可能。一般的な中粒度は以下の範囲です。 F46からF60まで。



目の細かいFサンド:
より細かい表面処理が必要な作業に適しており、軽度の酸化を除去し、より滑らかな表面仕上げを目指します。一般的な目の細かさは以下の範囲です。 F80からF120まで。



上記は、サンドブラストにおける炭化ケイ素砥粒の使用に関するアドバイスです。研磨材メーカーとして19年の経験があります、 ヤフェイト は、最も専門的な業界のアドバイスと、最も競争力のある有利な研磨材製品を提供することができます。

関連ブログ

関連商品

目次

お問い合わせ

24時間無料でご相談を承ります。

限定オファー

弊社製品にご関心をお寄せいただき、ありがとうございます!今すぐメッセージをお寄せください。限定割引やカスタマイズプランなど、より価値の高いサービスをご提供いたします。